磨き

磨き

カーコーティングとは

カーコーティングは、①洗車 ②研磨 ③コーティングの3工程から成り立っており、どの工程をおろそかにしても完成には至りません。
良いコーティングを行うには、下地処理として、より良い研磨が必要となります。そして、良い研磨をする前には、最適かつ効果的な洗車が必要となります。

施工前

コーティング施工後

クレンジング洗車

塗装には、埃や泥はね染みなどいった目に見える汚れとは別に、目に見えない汚れがあります。実は、この目に見えない汚れほどコーティングを行う上で厄介なものはありません。塗装は非常に小さな粒子の集まりで、その粒子の中に入り込んだ汚れや油分等を取り除く「特別な洗車法」がコーティング施工では重要なのです。 元来、コーティングは、塗装と密着するように作られており、目に見えない油分や汚れがあればコーティング被膜は塗装と密着できないため、結果として、耐久性が劣り、仕上がりにも差が出るのです。

一般施工店で行われる洗車法

表面に見える砂埃や泥はねなどは比較的簡単に取り除けますが、ボディーに固着した汚れや染みは、力と摩擦を加え、強制的に取り除こうとします。しかし、固着し化学変化した汚れは取れません。これらは全て洗車傷となり、塗装を痛め状態を悪くさせるだけでなく取り除けない汚れも多く残りますし、洗車で表面の汚れは落とせても塗装内部に入り込んだ汚れは取り除けません。

コーティング用ケミカル洗浄

当店の洗車法は、汚れの特性に合わせた各種ケミカル洗浄剤を使い分け、力を加えず塗装やボディに負担をかけることなく、化学分解により塗装内部に浸透した汚れまでも確実に根こそぎ取り除きます。(雨染み、スケール、鉄粉、水垢、黒ずみ、ピッチ、タール、融雪剤、油膜、虫跡、ワックス固着、黄砂、花粉、塗装ミスト等・・・除去)

ウール100%のモップ、もこもこ泡の手洗い洗車で大きな汚れを取り除きます。

塗装内に入り込んだ汚れや鉄粉などもケミカル洗浄で除去。

ボディ研磨

コーティング前には、ボディ研磨は必ず必要です。新車の場合も輸送の際に、風雨にさらされていますので、下地処理は必須となります。
 ボディ研磨の大前提として、磨く=塗装を削ることになります。当然、磨けば磨くほど、ボディの状態はきれいになりますが、その分塗装被膜は薄くなり、塗装の寿命は低下します。
 そこで、当社オリジナルの研磨技術が活きるのです。

< 一般的な研磨方法 >

 従来の研磨方法は、まず元の塗装を削りながら、バフ目(磨きキズ)に置き換えます。それを最終的に目の細かいバフやコンパウンドで磨き上げて鏡面仕上げにしていきます。この方法は確かにきれいになりますが、塗装を大きく削ることになります。
 一般的に塗装被膜は、20~40ミクロンありますが、従来の研磨法では軽研磨で2~3ミクロン、ハードな研磨では、10ミクロンの磨きとなることも少なくありません。仕上がりが良くても、塗装が薄くなってしまうと、次に磨く際に選択肢が少なくなってしまうのです。

< 当店の研磨方法 >

 当店の研磨方法は、研磨力の弱く、通常では艶出しや仕上げに使うポリッシャーやコンパウンド、バフを組み合わせて使用し、少しずつ研磨を行います。
 バフ目を消す為の研磨が不要となり、塗装の膜厚を最大限残す事ができるのです。軽い研磨では1ミクロン以下から多くても1~2ミクロン。ハードな研磨でも4~6ミクロン程度の研磨量で済みます。
 その分、時間はかかりますが、見た目のきれいさだけではなく、塗装被膜の耐久性にも最大限配慮しているのです。(※深い傷を消す場合は、場合によっては、従来の手法も組み合わせて使用します。)

top

Copyright HY Coating. All Rights Reserved.